自立支援型ケアプラン ノンバーバルコミュニケーション

投稿日:

おはようございます。

 

先日、ケアプランについて相談がありました。

「認知症がある高齢者。

訪問介護のサービスに対して拒否傾向がある。

でも、認知症とともに自殺願望があるので、家族は話をするだけでもいいので訪問してほしいと希望している。」

 

さて、このような人が利用者だったら、どんなケアプランを立てますか?

 

担当者は訪問介護が入ることが適当なのかと悩んでいるとのこと。

実は訪問看護も入っているのですが、それについてはマッサージ(軽い機能訓練)を行っていて、拒否されることはないとのこと。

「でも、訪問介護でマッサージはできないし…。」

 

そうですね。

訪問介護でマッサージというサービスはありませんね。

 

でも、悩んでいるのはサービス内容ですか?

 

違いますよね。

 

「どうなりたいか。」

という、目標について悩むべきですよね。

 

このような人のときは、自立支援型のケアプランにしないといけないと思います。

何かを「してあげる」サービスは必要ないでしょう。

本人がどうなりたいか、どうしたいかを十分確認しましょう。

 

その時に

「ほっといてほしい。」

と言われても、そのまま真に受けてはいけません。

本心がどこにあるのか、それをノンバーバルなコミュニケーションからも探っていきましょう。

ノンバーバル

ノンバーバルコミュニケーションとは

「非言語コミュニケーション」

のことです。

 

本人の語る言葉だけでなく、態度や表情などから本心を探っていきます。

もちろん常々高齢者の相手をしているので、「知ってる」という人も多いと思いますが、関わりにくい人の場合は、特にこのノンバーバルコミュニケーションに注意をはらってみましょう。

話している内容と、ノンバーバルな態度が正反対かもしれません。

 

それを踏まえたうえで、アセスメントをしっかり行っていきましょう。

 

初めの質問とずれてきたので、明日も続きます。

 

では、今日も笑顔でいきましょう!

 

関連記事

  • ときどきある話ときどきある話 おはようございます。 経過記録が大事って書きましたが「大 […]
  • 意思決定支援意思決定支援 おはようございます。 ケアプランを作るときに利用者本人の […]
  • 担当者会議担当者会議 おはようございます。 担当者会議って好きですか?&nbs […]
  • 病院との連携病院との連携 おはようございます。 利用者が病院から退院するとき退院前 […]
  • 問題の見つけ方問題の見つけ方 おはようございます。 昨日、「本当の問題」について書きました […]